ムーンフェイス予防

【ムーンフェイス予防運動】バスタオルを使って体を横に倒し「体側」の代謝アップ

投稿日:

体を倒す
完全我流の「ムーンフェイスの予防運動!!」メニューの1つです。

この運動は上半身(体側)の代謝を高める事を目的としています。

そしてバスタオルを使用した運動はこれで3つめになってしまいました(笑)

3とも実施する事で上半身はかなりの箇所がほぐれるはずです。

るーしー
上半身に関しては、入院中や自宅療養中の場合、バスタオルを使用した3メニューだけで十分です

3つ全て実施しても10分かからないし負荷も調整しやすいし最高ね
パイナポー

【運動メニュー一覧はこちら】
【完全我流】ムーンフェイスの予防運動!!

【関連記事】

他のバスタオルを使用したメニュー


スポンサーリンク

効果

効果
バスタオルを使って体をひねることで使う(ほぐれる)箇所は

  1. 手指
  2. 脇腹
  3. 体側

つまり上半身(特に体側)を使います。

ですから上半身と体の中心がむくもうとする力に対して、ほぐす効果が得られて代謝が良くなると考えています。

(入院中など)ベットや布団の上で上半身を起こした状態でも効果アリ

病室
病室のベットでお尻をつきながらでも実施できますし効果があります。

自分の体以外で使う物はバスタオルのみなので、音をたてる事もありませんし、スペースもベットの大きさ以上は必要ありません。

るーしー
もちろんこれ以外のバスタオルを使ってできる運動シリーズも全てベットの上で実施できます
音やスペースの問題がなければ入院中でも躊躇せず実施できるわね
パイナポー
長老様
かと言ってあんまりハッスルしたらあかんぞい
スポンサーリンク

手順

体を横に倒す

  1. バスタオルの両端を持ち両腕を頭上へ
  2. 体を右に倒す
  3. 体を左に倒す
  4. 手順1~3を繰り返す
るーしー
これより先の説明写真だと私は立っていますが、ベットの上でお尻をつきながら実施して全く問題ありません

手順1:バスタオルの両端を持ち両腕を頭上へ

タオルをひく
この際、バスタオルを両方向に引いて負荷をかけておきます。

るーしー
もちろん全力で引っ張るのではなく、無理の無い範囲で引いてテンションを張っておきましょう。

手順2:体を右に倒す

体を右に倒す
まずは背筋をピンと伸ばします。

そのまま右手でバスタオルを引き、右手がバスタオルを引っぱる事により体も自然と倒れるよう意識します。

背筋を伸ばしたまま体を横に倒せる限界がきたら反対側を倒します。

るーしー
背筋がピンと伸びていないと、コシも曲がってしまい全く効果がありませんので注意してください

特にベットにお尻を付けていると、背筋や腰が丸まりやすいので注意してくださいね
パイナポー

長老様
立って実施する場合は足を閉じるとかなり負荷が上がるぞい。
無理のない範囲で調整するとええな

手順3:体を左に倒す

体を左に倒す
やりかたは右に曲げた時と同様です。

  1. バスタオルを引く力を緩めない
  2. 背筋を伸ばす
  3. バスタオルを引く事で体が横に倒れる

上記3点をしっかり意識してください。

手順4:手順1~3を繰り返す

何回しましょうという目安はありません。

無理のない範囲で自分のできる回数チャレンジしましょう。

余談:見た目が変化しやすい腹筋と変化しにくい腹筋がある?

腹筋
バスタオルを使って体をひねり「脇腹」「体幹」の代謝アップの記事で少し腹筋について触れました。

一言でいうと、

「腹筋運動をしなくても、割れた腹筋が見える位にはなる」

という事です。

しかし、この言葉が当てはまらない腹筋もありますので少し補足をします。

体正面の腹筋は見た目が変化しやすい

腹筋運動しなくても体正面の腹筋は(誰だって)すでに割れています。

割れて見えないのは腹筋の上に脂肪が堆積して腹筋が見えないだけです。

そしてこの腹筋は「腹直筋」というのですが、「腹直筋」上に堆積する脂肪って比較的落としやすいんです。

ですから、体全体を使うような有酸素運動をした方が脂肪が落ちやすく、割れた腹直筋が見えるようになるのです。

横っ腹は見た目が変化しにくい

逆に横っ腹にある脂肪は落ちにくいです。

頑張っても頑張っても「脇腹の肉がつかめる」という状態はなかなか改善されません。

と、またまた話がそれましたが今回の運動と、「バスタオルを使って体をひねり「脇腹」「体幹」の代謝アップ」の運動はそんな頑固な脇腹に効果がありますので、シェイプアップにもつながります。

るーしー
厳密にいうと下っ腹は腹直筋なのですが鍛えにくいとかいろいろ話したい!!
あー。。。るーしー脳みそまで筋肉だもんね。でもそれやったら読者さんに嫌われるよ絶対
パイナポー
長老様
うむ。。。趣旨が全く変わるからのぅ。まずはムーンフェイス予防の運動をしっかり紹介するんじゃ
スポンサーリンク

まとめ

バスタオルを使ったムーンフェイス予防運動3つを実施すれば、上半身はしっかりとほぐれるはずです。

あとは下半身もほぐしてあげれば、体全体の代謝がバランス良く上がります。

下半身の運動も紹介していますが、まだまだベットから出るのが辛い場合は、

  • 横になった状態でかかと上げを実施
  • 足の指で布団をつかむ

など、無理の無い範囲で頑張りましょう。

紹介する運動の数は増えてきましたが、すべて実施しなければいけない訳ではありません。

試した運動が

「何となく自分に合えば続けていく」

という考えでいいと思います。

自分に合う運動で全身の代謝を高め、ムーンフェイスやむくみを予防していきましょう。

るーしー
しつこいですが無理だけはしないようにしてくださいね
うむ。無理して体調を崩したら三歩進んで十歩下がるようなもんじゃ
長老様
パイナポー
じじいの例えだとわかりにくいですが、自分の体を大事にしてくださいという事です

他のバスタオルを使用したメニュー


>>> ムーンフェイス予防運動一覧へ
>>> ムーンフェイス予防カテゴリの記事一覧へ

【関連記事】
『ムーンフェイスにならない私の仮説』
ステロイドを飲んでも「ムーンフェイス」にならない理由を考えた

『ムーンフェイス予防運動一覧』
【完全我流】ムーンフェイスの予防運動!!

『併せて実施したい』
【ムーンフェイス予防運動】バスタオルを使った懸垂で「上半身」の代謝アップ!

長老様
この記事が参考になったら参加ランキングのクリック協力をお願いできんかのぉ

闘病日記で特に反響の高い記事

【併せて読みたい】
(指定難病の)医療費助成についての概要と申請手続き方法

難病患者福祉手当(自治体の給付金制度)についての概要と申請手続き方法

「障害年金」は「難病患者」でも受給できる可能性がある!!

「セカンドオピニオン」は主治医に対しての裏切りではない!!

難病患者の就労支援

膠原病(こうげんびょう)にかかってから医療保険に入る必要性

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

トピック
「膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)」
と分かった時、自分が何をどうするべきか分からず途方にくれました。 同じような心配をお持ちの方はこの記事を見てください。 その時に私がした事を全てまとめました。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

  1. (検査・治療)入院に備える
  2. 膠原病(こうげんびょう)であると確定させる(確定していない場合)
  3. 医師に「診断書(臨床個人調査票)」を記入してもらう
  4. 【確定診断後】(指定難病の)医療費助成制度に申請する
  5. 【確定診断後】自治体の福祉制度(給付金など)の申請をする
  6. 【確定診断後】障害年金が受給できる場合は申請をする
上記の内容を出来る限り詳細にまとめています。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事を確認する

-ムーンフェイス予防

Copyright© 膠原病でした , 2018 All Rights Reserved.