ムーンフェイス予防

【ムーンフェイス予防運動】「かかとの上げ下げ」で「下半身の代謝」アップ

更新日:

つま先立ち
完全我流の「ムーンフェイスの予防運動!!」メニューの1つです。

この運動は下半身の代謝を高める事を目的としています。

負荷調整次第ではかなりきつくなりますので無理をしないで実践してください。

【運動メニュー一覧はこちら】
【完全我流】ムーンフェイスの予防運動!!

スポンサーリンク

効果

美脚
かかとの上げ下げで使う(ほぐれる)個所は

  1. 足指
  2. ふくらはぎ
  3. 内転筋(内もも)
  4. お尻

つまり下半身の指先からお尻までを使います。

ですから下半身全体のむくもうとする力に対して、ほぐす効果が得られて代謝が良くなると考えています。

10分から15分程度で効果は十分ある

疑問
実践上、歯磨きの時間にやると丁度いいです。

歯磨きの度(日に3度)する必要はありませんが、1日1回は実践してください。

また、15分間やり続けるのはかなり辛いので、自分のペースでインターバルを入れてください。

スポンサーリンク

手順

バレエ

  1. 肩幅まで足を開く
  2. 母指球に体重をかけてかかとを上げる
  3. かかとを上げきったら「ふくらはぎ」と「お尻の穴」に力を入れてキープ
  4. 5秒ほどキープしてかかとを下ろす
  5. 手順1から4をくり返す

歯磨きをしながらテレビを見つつ実行する(10分から15分位)のがベストです。

これをガチでやるのはかなり辛いので、自分のペースで辛くない程度にしましょう。

参考画像は表示上の見やすさから右半分にのみ矢印やコメントなどの解説をいれていますが、左右対称(右半身、左半身共に)で実施してください。

手順1:肩幅まで足を開く

足を肩幅まで開く
あまり広げ過ぎても意味がないので注意してください。

手順2:母指球に体重をかけてかかとを上げる

かかとを上げる
かかとを上げる時は「ふくらはぎ」を意識してください。

また、「母指球」とは足の親指付け根あたりをさします。

母指球
理想は「母指球と足の指で地面を掴むように力を入れてかかとを浮かす」感じです。

すると、結果的にふくらはぎにも力が入ります。

V6の「岡田准一」さんのセリフを借りると、

「地球を押す!!」

感じです。

手順3:かかとを上げきったら「ふくらはぎ」と「お尻の穴」に力を入れてキープ

キープ
画像が切れてしまっていますがかかとは浮いています。

「限界まで上げ続ける」

つもりでやるとふくらはぎにも相当負荷がかかります。

同時にお尻の穴(肛門)を意識してキュッと締めましょう。

手順4:5秒ほどキープしてかかとを下ろす

この時ゆっくりとかかとを下ろすと、より負荷が高まります。

手順5:手順1から4をくり返す

何度も言いますが、歯磨きしている間(10分から15分位)の時間で構いません。

また、適度にインターバルを入れてください。

この運動は、鍛えている人でも10分間通しで続ける事は難しいです。

スポンサーリンク

まとめ

私はこの運動をステロイドの服用量が45mg/日の時期から実践しています。

当時は、やはり体を休める(横になる)時間が多かったので、下半身(特にふくらはぎとお尻)がなまっていく感じとむくむ感じが強かったです。

もし体を起こす事はまだ辛いが、下半身(ふくらはぎやお尻)になまっていく感じやむくむ感じがある方は、下記の運動を試してみてください。

  • 横になった状態でかかと上げを実施
  • 足の指で布団をつかむ

横になった状態でかかと上げを実施しても効果あります。
※つま先を突き出す感じ

むしろ適度に負荷が軽減されて体調に合わせた負荷になると思います。

また、足の指で布団を掴む事も、足がほぐれて代謝が良くなりますのでおススメです。

今回紹介した運動は下半身に特化していますが、足の指先から上半身の背中から指先までしっかりとほぐし、全身の代謝をあげることで、局所的に大きくむくむ(ムーンフェイス)事も回避できるのではないかと考えています。

ですので同時に上半身をほぐし、代謝を上げる運動も実践していただく事をお勧めします。
※記事を書き次第追加します

ただししつこいですが無理はしない事。

るーしー
この運動で皆さんのむくみやムーンフェイスが改善されれば嬉しいです!!

併せて実施し上半身もほぐす


>>> ムーンフェイス予防運動一覧へ
>>> ムーンフェイス予防カテゴリの記事一覧へ

【関連記事】
『ムーンフェイスにならない私の仮説』
ステロイドを飲んでも「ムーンフェイス」にならない理由を考えた

『ムーンフェイス予防運動一覧』
【完全我流】ムーンフェイスの予防運動!!

長老様
この記事が参考になりましたら参加ランキングのクリック協力をお願いします

闘病日記で特に反響の高い記事

【併せて読みたい】
(指定難病の)医療費助成についての概要と申請手続き方法

難病患者福祉手当(自治体の給付金制度)についての概要と申請手続き方法

「障害年金」は「難病患者」でも受給できる可能性がある!!

「セカンドオピニオン」は主治医に対しての裏切りではない!!

難病患者の就労支援

膠原病(こうげんびょう)にかかってから医療保険に入る必要性

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

トピック
「膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)」
と分かった時、自分が何をどうするべきか分からず途方にくれました。 同じような心配をお持ちの方はこの記事を見てください。 その時に私がした事を全てまとめました。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

  1. (検査・治療)入院に備える
  2. 膠原病(こうげんびょう)であると確定させる(確定していない場合)
  3. 医師に「診断書(臨床個人調査票)」を記入してもらう
  4. 【確定診断後】(指定難病の)医療費助成制度に申請する
  5. 【確定診断後】自治体の福祉制度(給付金など)の申請をする
  6. 【確定診断後】障害年金が受給できる場合は申請をする
上記の内容を出来る限り詳細にまとめています。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事を確認する

-ムーンフェイス予防

Copyright© 膠原病でした , 2018 All Rights Reserved.