ムーンフェイス予防

【ムーンフェイス予防運動】「母指球」を意識して歩き「下半身」の代謝アップ

投稿日:

歩く
完全我流の「ムーンフェイスの予防運動!!」メニューの1つです。

今回は運動メニューというよりも、

「歩く時の意識を少し変える」

だけで効果があります。

入院中などのようにベットの中にいる時間が長いと、どうしても下半身がなまったりむくんだりという事が起きますがその予防になると思います。

そして私の仮説でも挙げましたが、(全身の)代謝を上げる事で「ムーンフェイス」を予防できると考えています。

るーしー
この運動(?)は入院中や療養中などでベットに入っている時間が長い方におすすめです

【運動メニュー一覧はこちら】
【完全我流】ムーンフェイスの予防運動!!

スポンサーリンク

効果

足を延ばして読書
母指球を意識して歩く事で使う(ほぐれる)個所は、

  1. 足指
  2. ふくらはぎ
  3. 内もも(内転筋)

つまり下半身を使います。

かかとの上げ下げ」と効果は重複するのですが、立っている必要がなく、歩く時間 = 運動時間とできる所がメリットです。

負荷調整もかなりしやすいので無理をしない範囲で頑張りましょう。

本気でやったらかなり高負荷

整理体操
負荷を最大にしたら恐らく一流アスリートでもキツイです。

目的は「歩く」時に下半身をほぐす事なのでそんなに負荷を強くする必要はありません。

るーしー
実はこの歩き方はキックボクシングジムのトレーナーさんに教わりました。

るーしー
パンチを打ち抜いた時に下半身がふらつくので、その対策にという事で(笑)

ですので、
発症前年の夏
負荷を上げたらこの位鍛えていても下半身がバキバキになります。

そこまでするという事じゃなくて、「しっかりと負荷を調整して」ってことね
パイナポー
るーしー
そう!しっかり負荷調整したらすごく効率のいい運動(習慣?)なのは間違いない事を経験しています!
スポンサーリンク

手順

ウォーキング

  1. 歩く時に「かかと」から着地せず「母指球」と足の指(親指・人差し指)を重心にする
  2. 着地後に(気持ち)体重を足へ乗せる
  3. 1と2を繰り返し歩く

負荷調整は「無理をしない事」が最優先です。

「母指球」ってなんですか?

「母指球」とは足の親指付け根あたりをさします。
母指球

手順1:歩く時に「かかと」から着地せず「母指球」と足の指(親指・人差し指)を重心にする

足
「かかと」から「ガツン」と着地しないようにしますが、つま先歩きをするわけではありません。

足の指側1/3位の面積はしっかり着地し「ぎゅっ」とグリップを確かめる感じです。

るーしー
グリップさえしっかりしていれば「かかと」が接地しても問題ありません。

イメージ的には雪が降った時に滑らないよう一歩一歩しっかり歩くのに似ています。

手順2:重心に体重を乗せる

負荷
重心に体重を乗せる事を意識すると、内もも(内転筋)にも負荷がかかります。

るーしー
この体重の掛け方を強くすると負荷も強くなります。

手順3:1と2を繰り返し歩く

パイナポー
「ぎゅっ」「ぎゅっ」という感じですね
スポンサーリンク

まとめ

病室や自室のベットからトイレまでの距離を歩く時だけでも「下半身をほぐす」効果は得られるはずです。

単なる意識ではありますが、するのとしないのでは全然違います。

るーしー
ちなみに私はガチでやって筋肉痛になりました(笑)
それはるーしーがバカなだけでしょ!
パイナポー
長老様
うむ。具合が悪い状態でそんな無理はせん方がええ
くそじじいなのにたまにはいい事言うじゃない
パイナポー
長老様
うむ。

ただし、何度も言いますが「無理はしない事」

無理して体調を悪くさせる事は避ないといけません。

早く良くなりたい気持ちは分かりますが、療養と体への負荷のバランスは適度に保つようにしましょう。

>>> ムーンフェイス予防運動一覧へ
>>> ムーンフェイス予防カテゴリの記事一覧へ

【関連記事】
『ムーンフェイスにならない私の仮説』
ステロイドを飲んでも「ムーンフェイス」にならない理由を考えた

『ムーンフェイス予防運動一覧』
【完全我流】ムーンフェイスの予防運動!!

長老様
この記事が参考になったら参加ランキングのクリック協力をお願いできんかのぉ

闘病日記で特に反響の高い記事

【併せて読みたい】
(指定難病の)医療費助成についての概要と申請手続き方法

難病患者福祉手当(自治体の給付金制度)についての概要と申請手続き方法

「障害年金」は「難病患者」でも受給できる可能性がある!!

「セカンドオピニオン」は主治医に対しての裏切りではない!!

難病患者の就労支援

膠原病(こうげんびょう)にかかってから医療保険に入る必要性

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

トピック
「膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)」
と分かった時、自分が何をどうするべきか分からず途方にくれました。 同じような心配をお持ちの方はこの記事を見てください。 その時に私がした事を全てまとめました。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

  1. (検査・治療)入院に備える
  2. 膠原病(こうげんびょう)であると確定させる(確定していない場合)
  3. 医師に「診断書(臨床個人調査票)」を記入してもらう
  4. 【確定診断後】(指定難病の)医療費助成制度に申請する
  5. 【確定診断後】自治体の福祉制度(給付金など)の申請をする
  6. 【確定診断後】障害年金が受給できる場合は申請をする
上記の内容を出来る限り詳細にまとめています。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事を確認する

-ムーンフェイス予防

Copyright© 膠原病でした , 2018 All Rights Reserved.