ムーンフェイス予防

【ムーンフェイス予防運動】布団の中でOK!「足・腰・背中」のストレッチ

投稿日:

ストレッチ
完全我流の「ムーンフェイスの予防運動!!」メニューの1つです。

今回はベットや布団の中でも可能な「足・腰・背中」のストレッチを紹介します。

ストレッチで可動域が広くなると、代謝も上がり「ムーンフェイス」の予防につながると私は考えています。

同じく布団の中で出来る「布団の中でOK!「股関節」のストレッチ」のストレッチとセットで実施するとより効果があります。

るーしー
このストレッチはベットの上でも可能なので入院中や療養中の方にもおすすめです

【運動メニュー一覧はこちら】
【完全我流】ムーンフェイスの予防運動!!

【関連記事】
『併せて実施したい』
【ムーンフェイス予防運動】布団の中でOK!「股関節」のストレッチ

スポンサーリンク

効果

気分爽快
「足・腰・背中」のストレッチで使う(ほぐれる)個所は、

  1. 背中

です。

当たり前ですね(^^;)

「ムーンフェイス」予防(改善)以外にも、

「体の中心に水分や脂肪分をため込もうとする」

という代表的なステロイドの副作用対策として相性が良いメニューだと思います。

スポンサーリンク

手順

ストレッチ

  1. お尻をついて座った状態で片足を畳む
  2. かかと・お尻・膝裏を地面に付けるよう意識
  3. 背筋を伸ばす
  4. 2と3の状態をキープしながら腰を倒して前傾姿勢になる
  5. 限界で5秒キープ
  6. 1~5を何度か繰り返したら折りたたむ足を変えてチャレンジ

ストレッチを日常的にしていない方だと体を前傾する事が出来ないと思います。

でも、それでいいんです。

継続する事でどんどん体は柔らかくなりますし、可動域が広がり代謝もアップします。

るーしー
落ち込む必要なんてありませんからマイペースで続けましょう
そうじゃのう。最初はるーしーも足を真っ直ぐにして地面に付ける事すらできんかったからのぅ
長老様
るーしー
む、昔の話ですが事実です。。。

手順1:お尻をついて座った状態で片足を畳む

座る
ベットや布団の中でOKです!!

まずは片足を伸ばしもう片足は畳みましょう。

るーしー
体が硬いとこの状態で既に辛いかも知れません

手順2:かかと・お尻・膝裏を地面に付けるよう意識

接地
足を「ピーン」と伸ばして「かかと・お尻・膝裏」がしっかりと地面(床)に接地するようにします。

るーしー
痛くてできない場合はこれができるようになる事を目標にしましょう

手順3:背筋を伸ばす

背筋を伸ばす
手順2の状態を保ったまま背筋を伸ばし胸を張ります。

るーしー
痛くてできない場合はこれができるようになる事を目標にしましょう

手順4:2と3の状態をキープしながら腰を倒して前傾姿勢になる

前傾
手順2と3の状態を保ったまま上半身の腰を倒す。

1回でもいいので今できる限界まで倒します。

重要なのは伸ばした足と背筋を曲げない事。

どちらかを曲げれば、足先に手が届くかも知れませんがそれはNGです。

まずは全く曲げる事ができなくてもいいので正しいやり方を覚えましょう。

手順5:限界で5秒キープ

限界の状態で5秒キープします。

この時息は止めない事。

息を吐き続けておくのがベストです。

手順6:1~5を何度か繰り返したら折りたたむ足を変えてチャレンジ

最初は両足を1セットでも構いません。

慣れてきたら2,3セットできるように頑張りましょう。

スポンサーリンク

まとめ

運動とストレッチでどう違うかをはっきりと説明する事は出来ません。

しかしステロイドの副作用で、体の中心や流れの悪いカ所にむくもうとする力が働いているのは感じます。

運動して体をほぐす事も重要ですが、可動域を広く出来るストレッチも「むくもうとする力」に対抗する重要な要素だと私は思っています。

どちらの方が重要なのかではなく、どちらも重要と捉えて続けて行く事が「ムーンフェイス予防」につながるのではないでしょうか。

るーしー
今回全く腰を前傾する事が出来なかった方も、気にしなくていいので諦めずに継続する事が重要です
ふぉっふぉっふぉ。るーしーも10年以上ストレッチを続けておるから偉そうにしとるのぉ
長老様
パイナポー
まあ偉そうなのは置いておいて諦めないで継続する事が大事って事ね

一点だけ注意が。

ストレッチとは言え、やっている最中に具合が悪くなったらすぐに中断してください。

私の紹介する「ムーンフェイス予防」運動で一番重要なのは「無理をしない」という事です。

>>> ムーンフェイス予防運動一覧へ
>>> ムーンフェイス予防カテゴリの記事一覧へ

【関連記事】
『ムーンフェイスにならない私の仮説』
ステロイドを飲んでも「ムーンフェイス」にならない理由を考えた

『ムーンフェイス予防運動一覧』
【完全我流】ムーンフェイスの予防運動!!

『併せて実施したい』
【ムーンフェイス予防運動】布団の中でOK!「股関節」のストレッチ

長老様
この記事が参考になったら参加ランキングのクリック協力をお願いできんかのぉ

闘病日記で特に反響の高い記事

【併せて読みたい】
(指定難病の)医療費助成についての概要と申請手続き方法

難病患者福祉手当(自治体の給付金制度)についての概要と申請手続き方法

「障害年金」は「難病患者」でも受給できる可能性がある!!

「セカンドオピニオン」は主治医に対しての裏切りではない!!

難病患者の就労支援

膠原病(こうげんびょう)にかかってから医療保険に入る必要性

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

トピック
「膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)」
と分かった時、自分が何をどうするべきか分からず途方にくれました。 同じような心配をお持ちの方はこの記事を見てください。 その時に私がした事を全てまとめました。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

  1. (検査・治療)入院に備える
  2. 膠原病(こうげんびょう)であると確定させる(確定していない場合)
  3. 医師に「診断書(臨床個人調査票)」を記入してもらう
  4. 【確定診断後】(指定難病の)医療費助成制度に申請する
  5. 【確定診断後】自治体の福祉制度(給付金など)の申請をする
  6. 【確定診断後】障害年金が受給できる場合は申請をする
上記の内容を出来る限り詳細にまとめています。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事を確認する

-ムーンフェイス予防

Copyright© 膠原病でした , 2018 All Rights Reserved.