生活保護

【生活保護】銀行口座の利息(利子)は1円だろうと報告が必要

投稿日:

スポンサーリンク

1円の利息が付いた生活保護受給者の口座

生活保護受給者

  • 全ての収入は福祉事務所へ毎月報告
  • 例え1円の利息でも報告
  • 報告しない・虚偽報告は法で罰せられ生活保護の変更・停止・廃止がされる事も

お断り


本記事の内容は、私が担当ケースワーカーさんに取材させていただいた内容を元にしています。
生活保護は、各自治体の裁量が非常に大きく、自治体によっては対応が異なる場合もありますので、参考としてご覧になってください


るーしー
こんにちは!
膠原病でした」管理人「難病生活保護ブロガー」の「るーしー(@Lucy_SLE)」です

今回は生活保護受給者が銀行の利息(利子)を受け取った場合について説明します。

結論からいうと生活保護受給者が銀行の利息(利子)を受け取った場合は、たとえ1円でも収入として報告する必要があります。

いきなりこんな話をしたのも、2019年2月に銀行の利息(利子)が1円入っていて、先日収入申告書に記入したからです。

銀行の利息収入を記入した収入申告書

2019年2月の収入として銀行の利息(利子)1円を報告


この収入申告書の注意書きには、報告をしなかったり、虚偽の報告をした場合、

  • 生活保護の変更
  • 生活保護の停止
  • 生活保護の廃止
  • 生活保護法第85条又は刑法で罰せられる

という可能性があると明記されていますので、注意しなければいけません。

収入申告書の注意書き

収入申告書の注意書き


ちなみに収入申告書の全体見本はこんな感じです。
生活保護の収入申告書

生活保護の収入申告書


という事で、今回は

収入申告


  1. なぜ1円であっても収入の報告が必要なのか
  2. 隠すとどうなるのか
  3. 黙っていてもバレないのか


を説明します。

ちなみに生活保護受給者の貯金は、ある程度なら推奨されています

参考生活保護法第85条 罰則(電子政府の総合窓口 イーガブ)

長老様
続きは参加ランキングのクリック協力をしてから読み進めてもらえると助かるぞい

なぜ1円の収入でも報告が必要なのか?

1円の収入を報告する生活保護受給者
生活保護は、全ての収入を足しても最低生活費に満たない分が支給されるからです。

厚生労働大臣が定める基準で計算される最低生活費と収入を比較して、収入が最低生活費に満たない場合に、最低生活費から収入を差し引いた差額が保護費として支給されます。

生活保護受給額

引用:支給される保護費(厚生労働省ホームページ)より

収入を報告しなければ、本来生活保護費から差し引かれる金額が差し引かれないので、水増して受給する事になります。

つまり不正受給ですね。

これは

「1円なんだから」

という金額の問題ではありません。

スポンサーリンク

収入を隠すとどうなるか

収入を隠す生活保護受給者
収入を隠した場合、特に銀行口座の利息(利子)は100%バレます。

理由は簡単で、生活保護受給者は年に1度資産報告をしなければいけないからです。

資産報告では、全ての口座残高や資産を報告するので確実にバレます。

パイナポー
でも、記帳しなかったらいいんじゃないの?
うん。
ばれる
るーしー
パイナポー
どうして?
生活保護の申請時に、福祉事務所が申請者の口座状況を、直接金融機関に問い合わせして構わないという同意書を書くから。
通帳に記帳されていなくてもバレるんだ
るーしー
パイナポー
。。。なるほどね

スポンサーリンク

まとめ

今回は銀行の利息(利子)が1円でも収入として報告する必要がある事を紹介しました。

生活保護の収入報告はあらゆる収入全てが対象になります。

(障害)年金だろうが、手当金だろうが、仕送りだろうが、借金だろうがお金が入ったら全て収入として報告しなければいけません。

「これは大丈夫だろ」

と報告をせずに後からバレてペナルティを受けるよりは、収入があった時点でケースワーカーさんに報告、相談し、収入報告が必要なのか確認を取りましょう。

「るーしー(@Lucy_SLE)」が気になる方は是非フォローをお願いします
パイナポー



膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

トピック
「膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)」
と分かった時、自分が何をどうするべきか分からず途方にくれました。 同じような心配をお持ちの方はこの記事を見てください。 その時に私がした事を全てまとめました。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

  1. (検査・治療)入院に備える
  2. 膠原病(こうげんびょう)であると確定させる(確定していない場合)
  3. 医師に「診断書(臨床個人調査票)」を記入してもらう
  4. 【確定診断後】(指定難病の)医療費助成制度に申請する
  5. 【確定診断後】自治体の福祉制度(給付金など)の申請をする
  6. 【確定診断後】障害年金が受給できる場合は申請をする
  7. 【確定診断後】生活費が工面できない場合は生活保護の申請をする
上記の内容を出来る限り詳細にまとめています。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事を確認する

-生活保護
-, ,

Copyright© 膠原病でした , 2019 All Rights Reserved.