お知らせ

闘病日記の記事を追加しました!!

更新日:

タンポポ

闘病日記2018年5月12日~2018年5月18日ページを作成しました。

毎日更新していきます。

ステロイド(プレドニゾロン)の服用開始、自宅療養も22週目。

2018年5月7日の通院でステロイドの服用量が14mg/日から13mg/日に変わりました。

そもそもステロイド(プレドニゾロン)は体内で2~5mg/日作られてもので、今は外部から大量に摂取し体を無理やり元気にしていますが、その分副作用も出ます。

そのため、1mgの減量でもかなりの量なので、毎度ステロイド(プレドニゾロン)の離脱症状なのか少し経ってから体調を崩すという具合です。

いつもだとステロイド減量の2,3週間後に体調を崩すので今週は様子見ですが、今のところ体調が良いのでひとまず安心しています。

スポンサーリンク

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

トピック
「膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)」
と分かった時、自分が何をどうするべきか分からず途方にくれました。 同じような心配をお持ちの方はこの記事を見てください。 その時に私がした事を全てまとめました。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

  1. (検査・治療)入院に備える
  2. 膠原病(こうげんびょう)であると確定させる(確定していない場合)
  3. 医師に「診断書(臨床個人調査票)」を記入してもらう
  4. 【確定診断後】(指定難病の)医療費助成制度に申請する
  5. 【確定診断後】自治体の福祉制度(給付金など)の申請をする
  6. 【確定診断後】障害年金が受給できる場合は申請をする
  7. 【確定診断後】生活費が工面できない場合は生活保護の申請をする
上記の内容を出来る限り詳細にまとめています。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事を確認する

-お知らせ

Copyright© 膠原病でした , 2018 All Rights Reserved.