お知らせ

【闘病日記更新】雇用(失業)保険の認定日で数駅先の新宿ハローワークへ!!

投稿日:

スポンサーリンク

和傘
闘病日記2018年9月8日~2018年9月14日ページを作成しました。

毎日更新していきます。

自宅療養も39週目。

今週は9月10日が通院日です。

ステロイド(プレドニゾロン)が更に減量され9mg/日になるはず。

また、セカンドオピニオンの結果も伝えたうえで、今の主治医に治療継続の意思を伝えます。

【闘病日記:2018年9月8日~2018年9月14日はこちらから】
2018年9月8日~2018年9月14日

先週のトピック

納得
先週一週間(2018年9月1日~2018年9月7日)を振り返り。

先週は雇用(失業)保険の認定日があり、電車で数駅の新宿ハローワークへ。

電車移動は2018年8月20日の「セカンドオピニオン」以来です。

そもそも電車に乗る事が怖いので用事が無ければ乗らないのですが。

外出のリハビリも兼ねて色々と行ってきました。

また、特定医療費(指定難病)受給者証の更新通知も届きましたので、今週の通院日に診断書(臨床個人調査票)の記入を依頼してきます。

【闘病日記:2018年9月1日~2018年9月7日はこちらから】
2018年9月1日~2018年9月7日

雇用(失業)保険の認定日と外出のリハビリ

お菓子
今回で最後の認定日です。

私は雇用(失業)保険の給付日数が90日あったのですが、退職直後(2017年10月)は体調が悪すぎて手続きに行けず2018年2月後半(ほぼ3月)に申請をしました。

更に退職理由が「自己都合」の為、3か月待機され6月から支給開始となり2018年6月から雇用(失業)保険を受給しています。

失業保険の受給条件には「働ける状態である事」というものがあるのですが、これは医師が働けると言えば働ける状態とみなされるようです。

ですので、私のように「日光に当たると具合が悪くなる」というような場合、

「働けるのか?」

という話になりますが、医師が働けると診断していますと伝えれば「働ける状態である事」はクリアできます。

また、難病患者の場合は「難病患者就職サポーター」に就業相談をすると、通常のハローワークとは全く異なる配慮をしてくれます。

私は外に出ると具合が悪くなるので、電話で就労相談をしていますが雇用(失業)保険の給付条件である「就職活動」としてしっかりカウントしてもらえました。

体調不良で雇用(失業)保険の受給申請が出来ない方は参考になさってください。

【関連記事】
『難病患者就職サポーターとのやりとり』
難病患者の就労支援

スポンサーリンク

特定医療費(指定難病)受給者証の更新通知が届く

特定医療費(指定難病)受給者証の更新案内
特定医療費(指定難病)受給者証の更新案内
こちらは(指定難病の)医療費助成の更新についてです。

メリット

  1. 自己負担上限額が0~30,000円に設定される
  2. 自己負担割合が3割から2割に引き下げられる


と非常にメリットがありますので期限内に更新をしなければ。

私の更新期間は、

更新手続き期間

  • 受付開始:218年9月3日(月)
  • 受付期限2018年11月2日(金)


となっていますので2018年9月10日の通院日で必要書類の1つである診断書(臨床個人調査票)の記入を医師に依頼してきます。

特定医療費(指定難病)受給者証は人によって有効期間と更新期間が異なりますので注意してください。

【関連記事】
(指定難病の)医療費助成についての概要と申請手続き方法

【闘病日記:2018年9月1日~2018年9月7日はこちらから】
2018年9月1日~2018年9月7日

長老様
この記事が参考になったら参加ランキングのクリック協力をお願いできんかのぉ

さらに詳しく

【関連記事】
(指定難病の)医療費助成についての概要と申請手続き方法

難病患者福祉手当(自治体の給付金制度)についての概要と申請手続き方法

「障害年金」は「難病患者」でも受給できる可能性がある!!

「セカンドオピニオン」は主治医に対しての裏切りではない!!

難病患者の就労支援

膠原病(こうげんびょう)にかかってから医療保険に入る必要性

スポンサーリンク

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

トピック
「膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)」
と分かった時、自分が何をどうするべきか分からず途方にくれました。 同じような心配をお持ちの方はこの記事を見てください。 その時に私がした事を全てまとめました。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

  1. (検査・治療)入院に備える
  2. 膠原病(こうげんびょう)であると確定させる(確定していない場合)
  3. 医師に「診断書(臨床個人調査票)」を記入してもらう
  4. 【確定診断後】(指定難病の)医療費助成制度に申請する
  5. 【確定診断後】自治体の福祉制度(給付金など)の申請をする
  6. 【確定診断後】障害年金が受給できる場合は申請をする
  7. 【確定診断後】生活費が工面できない場合は生活保護の申請をする
上記の内容を出来る限り詳細にまとめています。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事を確認する

-お知らせ

Copyright© 膠原病でした , 2018 All Rights Reserved.