お知らせ

「セカンドオピニオン」について徹底的に調べました!!

投稿日:

セカンドオピニオン
「セカンドオピニオン」は主治医に対しての裏切りではない!!】ページを作成しました。

スポンサーリンク

こんな方へ向けて記事を書きました

白衣の女性
以下のような疑問をお持ちの方を対象に記事を書きました。

  1. セカンドオピニオンはどこで受けるべき?
  2. セカンドオピニオンは保険が効かない(100%自己負担)?
  3. セカンドオピニオンには「セカンドオピニオン外来」という専門の部署がある?
  4. セカンドオピニオンを受けて前の主治医の方が良くても言える訳がない
  5. セカンドオピニオンを受けたが元の主治医に治療を継続依頼したら断られたり、酷い扱いをされるのでは?

今回はこのような疑問の他、そもそも「セカンドオピニオン」という言葉の定義はなんなのかという事も調べました。

一般的には

「異なる病気・治療法を別の病院(医師)に診てもらう」

という事なら全てセカンドオピニオンになると解釈している方が多いと思います。

しかしその考えで言う「セカンドオピニオン」と「セカンドオピニオン外来」は全く異なりました。

今回は私達の考える「セカンドオピニオン」と「セカンドオピニオン外来」はどう違うのか?

どのように使い分けるべきなのかを分かり易くまとめましたので「セカンドオピニオン」を検討されていらっしゃる方はご一読ください。

「セカンドオピニオン」は主治医に対しての裏切りではない!!

「セカンドオピニオン」は主治医に対しての裏切りではない!!

【私の実体験】
膠原病(こうげんびょう)かもしれない場合や膠原病(こうげんびょう)になったらするべき事
難病患者に対する就労への公的支援、難病患者就職サポーターとのやりとりをまとめました。
膠原病(全身性エリテマトーデスとシェーグレン症候群)の医療費

【関連記事】
膠原病(こうげんびょう)にかかってから医療保険に入る必要性

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

トピック
「膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)」
と分かった時、自分が何をどうするべきか分からず途方にくれました。 同じような心配をお持ちの方はこの記事を見てください。 その時に私がした事を全てまとめました。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

  1. (検査・治療)入院に備える
  2. 膠原病(こうげんびょう)であると確定させる(確定していない場合)
  3. 医師に「診断書(臨床個人調査票)」を記入してもらう
  4. 【確定診断後】(指定難病の)医療費助成制度に申請する
  5. 【確定診断後】自治体の福祉制度(給付金など)の申請をする
  6. 【確定診断後】障害年金が受給できる場合は申請をする
  7. 【確定診断後】生活費が工面できない場合は生活保護の申請をする
上記の内容を出来る限り詳細にまとめています。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事を確認する

-お知らせ

Copyright© 膠原病でした , 2018 All Rights Reserved.