お知らせ

闘病日記の記事を追加しました!!

更新日:

アイキャッチ
闘病日記2018年6月30日~2018年7月6日ページを作成しました。

毎日更新していきます。

ステロイド(プレドニゾロン)の服用開始、自宅療養も29週目。

2018年6月4日の通院で、ステロイド(プレドニゾロン)の服用量が12mg/日に下がり4週間というか1か月。

2018年7月2日は通院日なのでステロイド(プレドニゾロン)の服用量は11mg/日になると思います。

梅雨が明けて真夏に

関東では史上初の6月で梅雨明けをし、真夏に突入しました。

週明けからは7月ですが、私が全ての始まりである熱中症になったのも7月の話です。
2016年7月:熱中症?にかかる

2016年7月:熱中症?にかかる

熱中症と言うか直射日光は本当に危険なので、皆さんも日光対策はしっかりとしてこの夏を過ごしてくださいね。

また、熱中症になった場合はすぐに病院へ行き、1週間経っても症状(発熱・下痢等)が収まらない場合は必ず病院を受診しましょう。
熱中症にかかり発熱などの症状が長引く場合は必ず病院へ!

【再案内】熱中症にかかり発熱などの症状が長引く場合は必ず病院へ!

熱中症が1週間で治らないのであれば中度以上の熱中症か他の病気です。

私は他の病気だったパターンで、最も酷い時は「ベットで寝ている状態ですら救急車を呼びたい」ほど具合が悪くなり、動く事がほとんどできなくなりました。

「体が頑丈だから大丈夫」

という人ほど危険ですので、自分を過信せずしっかりと日光対策をして夏という季節を満喫してください。

スポンサーリンク

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

トピック
「膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)」
と分かった時、自分が何をどうするべきか分からず途方にくれました。 同じような心配をお持ちの方はこの記事を見てください。 その時に私がした事を全てまとめました。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

  1. (検査・治療)入院に備える
  2. 膠原病(こうげんびょう)であると確定させる(確定していない場合)
  3. 医師に「診断書(臨床個人調査票)」を記入してもらう
  4. 【確定診断後】(指定難病の)医療費助成制度に申請する
  5. 【確定診断後】自治体の福祉制度(給付金など)の申請をする
  6. 【確定診断後】障害年金が受給できる場合は申請をする
  7. 【確定診断後】生活費が工面できない場合は生活保護の申請をする
上記の内容を出来る限り詳細にまとめています。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事を確認する

-お知らせ

Copyright© 膠原病でした , 2018 All Rights Reserved.