お知らせ

闘病日記の記事を追加しました!!

更新日:

草原
闘病日記2018年6月9日~2018年6月15日ページを作成しました。

毎日更新していきます。

ステロイド(プレドニゾロン)の服用開始、自宅療養も26週目。

2018年6月4日の通院で、ステロイド(プレドニゾロン)の服用量は12mg/日に下がりました。

維持量と言われている10mg/日まであと2mg。

そこまで下がってもステロイド(プレドニゾロン)の副作用が全て無くなるとは思っていませんが、13mg/日から12mg/日の1mgでも大きく違う気がします。

毎度ステロイド(プレドニゾロン)の減量をするとそのように書いていますが(笑)

来月は7月ですが、私が熱中症(と膠原病の発症)にかかったのも7月です。

どんどん熱くなりますが、熱中症には気をつけて、おかしいと思ったらすぐに病院へ行きましょう。

【参考】
熱中症にかかり発熱などの症状が長引く場合は必ず病院へ!

【再案内】熱中症にかかり発熱などの症状が長引く場合は必ず病院へ!

スポンサーリンク

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

トピック
「膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)」
と分かった時、自分が何をどうするべきか分からず途方にくれました。 同じような心配をお持ちの方はこの記事を見てください。 その時に私がした事を全てまとめました。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

  1. (検査・治療)入院に備える
  2. 膠原病(こうげんびょう)であると確定させる(確定していない場合)
  3. 医師に「診断書(臨床個人調査票)」を記入してもらう
  4. 【確定診断後】(指定難病の)医療費助成制度に申請する
  5. 【確定診断後】自治体の福祉制度(給付金など)の申請をする
  6. 【確定診断後】障害年金が受給できる場合は申請をする
  7. 【確定診断後】生活費が工面できない場合は生活保護の申請をする
上記の内容を出来る限り詳細にまとめています。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事を確認する

-お知らせ

Copyright© 膠原病でした , 2018 All Rights Reserved.