WordPress(ワードプレス) ホームページ

グーグルアドセンスが急に表示されなくなったと思ったら原因はプラグインだった件

更新日:

タイトル

こんにちは! るーしーです。

今日は緊急で「Google Adsense(グーグルアドセンス)が表示されなくなった件」についてです。

【2018年2月20日追記】
2018年2月20日にQuick Adsense(クイックアドセンス)のver2.2がリリースされました。

これからバージョンアップされる方はこちらも参考にしてください。
【ワードプレス】Quick Adsense(クイックアドセンス)の再バージョンアップがきたぞ!!

Google Adsense(グーグルアドセンス)の管理画面でPVが増えない

いかり

本日2018年2月18日の恐らく朝からGoogle Adsense(グーグルアドセンス)の管理画面でのPVが一切増えなくなりました。

Google Analytics(グーグルアナリティクス)のPVは正常にカウントされており、明らかにおかしい。

「絶対おかしい!何かある!!」

と確信したのがつい先ほど。

結論広告自体が表示されていなかったのですが、それに気づくのに時間がかかりました。

スポンサーリンク

原因はQuick Adsense(クイックアドセンス)のバージョンアップ

がっくり

調べてみましたがグーグルからは違反関係の連絡はない。(Google Adsense(グーグルアドセンス)、Search Console(サーチコンソール共に))

実際にページを見てみると広告自体が表示されていなかった。

「な、何故?」
ショック

広告コードはQuick Adsense(クイックアドセンス)で管理してタグにしていたので、ようやくここで

原因はQuick Adsense(クイックアドセンス)だ

と気づく。

そういえば今日朝一でQuick Adsense(クイックアドセンス)をVersion 2.1へバージョンアップしました。

すぐにQuick Adsense(クイックアドセンス)の設定を確認したところ、タグに設定した広告コードが綺麗にリセットされ、へんな所にマークが……

修正したところ無事広告表示が元に戻りました。良かった。
Quick Adsense(クイックアドセンス)の設定についてはこちら

まとめ

まとめ

・Google Adsense(グーグルアドセンス)が表示されなくなった場合

チェックポイント

Quick Adsense(クイックアドセンス)のバージョンアップをしていないか確認
→Version 2.1へ変更していた場合これが原因の可能性大

もししていた場合は設定をしなおさなければならないので気を付けて欲しい。
Quick Adsense(クイックアドセンス)の設定についてはこちら

今回はかなりパニックになりました。

「ま、まさかBAN?」
ショック

と心臓が破裂する位ドキドキしました。

広告関係のプラグインはバージョンアップ時に必ず広告状態を確認するべきですね。

今回はとても勉強になりました!!

るーしー
ではまた!

スポンサーリンク



膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

トピック
「膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)」
と分かった時、自分が何をどうするべきか分からず途方にくれました。 同じような心配をお持ちの方はこの記事を見てください。 その時に私がした事を全てまとめました。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事

  1. (検査・治療)入院に備える
  2. 膠原病(こうげんびょう)であると確定させる(確定していない場合)
  3. 医師に「診断書(臨床個人調査票)」を記入してもらう
  4. 【確定診断後】(指定難病の)医療費助成制度に申請する
  5. 【確定診断後】自治体の福祉制度(給付金など)の申請をする
  6. 【確定診断後】障害年金が受給できる場合は申請をする
  7. 【確定診断後】生活費が工面できない場合は生活保護の申請をする
上記の内容を出来る限り詳細にまとめています。

膠原病(こうげんびょう)にかかった(かもしれない)時にすべき事を確認する

-WordPress(ワードプレス), ホームページ

Copyright© 膠原病でした , 2018 All Rights Reserved.